深夜の公園にゲイたちが集まり乱交セックス - アダルト・便利情報まとめサイト 森のバス

アダルト・便利情報まとめサイト 森のバス

深夜の公園にゲイたちが集まり乱交セックスコラム

このページでは「深夜の公園にゲイたちが集まり乱交セックス」に関する情報をまとめています。

深夜の公園にゲイたちが集まり乱交セックス

昼間の公園には子供や学生カップルが訪れ活気がある遊び場となっているが、深夜になれば人がいなくなりゲイたちにとってのハッテン場となる。 ネットの掲示板で募集して一般人があまり近寄らない公園のトイレでゲイと乱交セックスが始まる。 僕は生粋のゲイではないがネットやアダルトビデオでは好んでゲイ動画を見てしまう。男同士のセックスが一番気持ち良いと思うが怖くて経験したことがなかったのだ。 そしてその日勇気を出して掲示板に書き込んで深夜の公園へと向かった。そこで待っていたのは集団のゲイたち。 彼らはただ肉欲のみを求めている。特定の人とだけ繋がるなんてことはせずに、求められれば誰とでもセックスをするのだ。 初めて公園のトイレに行ったときは20歳くらいだったので肌がプルプルで貴重な存在だった僕の身体をゲイたちが貪るように求めてくる。 名前も知らない、喋ったことの無い男たちの要求に応えただひたすらに犯される。数人の男たちが代わる代わるに僕の口とアナルを犯し乳首を甘噛みしてくる。 お尻には何発も出された精子がポタポタと流れ落ちるが、そんなことは気にせずにドンドン深く肉棒をねじ込んでくる。そして口にも精液をだされ喉から口にかけてネットリとした嫌な感覚に包まれるが全て飲み干す。中には僕の口に放尿する男もいるが、それも構わず飲み干し、綺麗になった口でまたご奉仕する。そうしてゲイたちの肉便器となった僕は夜が明けるまでひたすらに犯され、全身を痙攣させ動けなくなるまでアクメし続けていく。これが僕の初めてのゲイ体験だ。